痛みに耐えられない場合脱毛サロンではどう対処してくれるの?

痛みに耐えられない場合脱毛サロンではどう対処してくれるの?

痛みに耐えられない場合脱毛サロンではどう対処してくれるの?

 

痛みに耐えられるかどうかが脱毛で一番心配という人は多いと思いますが、そんな時サロンではどう対処してくれるのでしょうか。ここでは痛みを最小限にするために、サロンが行ってくれる処置についてご紹介します。

 

 

痛くない脱毛方法が増えつつあるとはいえ、部位や痛みの感じ方の個人差もあるため完全無痛で脱毛するのは簡単ではありません。ただし我慢して施術を受けるしかないというものではなく、脱毛サロンでも痛みへの対策が考えられています。

 

 

脱毛時の痛みの原因は照射される光で起こる軽度の火傷ですが、これは出力の調整である程度抑えることが可能です。施術中に耐えられないと思った時は、出力を抑えてくれるように申し出てみましょう。

 

 

しかし出力を下げ過ぎると毛根に効果的なダメージを与えることができず、脱毛効果が半減します。効果を落とさないギリギリのところまで下げてもらい、それで我慢できるかどうか試してみてください。

 

 

とはいえ産毛の多い顔など、部位によっては最高出力に近い光を照射しなければあまり効果が期待できないこともあります。全ての部位で我慢できるまで光の出力を下げてもらえるわけではなく、効果を考えるとそれも仕方のないことです。

 

 

どうしても痛みが心配という場合、弱い出力でも脱毛効果が得られる蓄熱式脱毛方式のSHR脱毛を選択するのが正解です。約30度〜38度という低温の光を照射するため、ほとんどの人が痛みを感じることがありません。

 

 

VIOや顔でも温かさを感じる程度と言われており、最初から痛み対策を取る必要もないほどです。施術を受けられるサロンの数は限られていますが、痛みに対する根本的な対策として最も有効な手段と言えるでしょう。

 

痛みに耐えられない場合脱毛サロンではどう対処してくれるの?

 

通常の光脱毛で痛みを軽減するための対策として、一番多く用いられるのはクーリングすることです。新しい機械では冷却装置が付いており、光の照射と冷却を同時に行うため痛みもかなり軽減されています。

 

 

装置が付いていない場合は、照射を行うたびにアイスバッグなどで冷却を行うこともあります。瞬間的に高温になった肌を素早く冷やすことで火傷を抑え、痛みが周囲の組織に広まるのを防ぐのが冷却の目的です。

 

 

施術の前に冷却ジェルを塗るのも同様の理由ですが、ジェルだけでは十分な冷却効果を得られないこともあります。そのため1回の照射ごとに肌を冷却して、痛みと脱毛後の炎症を抑えるという方法が取られます。

 

 

全ての施術が終わった後にも冷却を続けることで、脱毛後に起きがちな赤味などを抑えることも可能です。人によっては体が冷えすぎて辛いということもあるため、冷やす部位を少なくしてもらうなどの調整を申し出る必要もあるでしょう。

 

 

また脱毛箇所が多い場合、脱毛機に冷却装置が付いていないと冷却の時間の分施術時間が長くなることもあります。どこをどの程度冷やすかなどは施術スタッフが的確に判断してくれるでしょうが、自分から申し出ることで効率良く脱毛できます。

 

 

施術の内容を細かく説明しながら照射することで不安を減らし、結果的に痛みを軽減するという方法を取るサロンもあるようです。自分が何をされているか理解することで恐怖心が和らぎ、痛みを軽減することに繋がると言われています。

 

 

医療脱毛よりも痛みが少なく、最新の機械であるほど痛みを感じにくいと言われるのがサロン脱毛です。しかし高温の光で毛根を攻撃するという脱毛の仕組みを考えると、多少の痛みを感じるのは当然でしょう。

 

 

それを防ぐには蓄熱式のSHR脱毛やハイパースキン脱毛を選ぶと良いのですが、サロンが近くにない人もいるかもしれません。これ以外の脱毛機を使用しているサロンでは冷却などで対処しているのが現状で、ほとんどの人はこれだけで痛みが軽減されます。

 

 

自分でもできる痛みを乗り切る方法として、痛みを感じにくいよう肌の調子を万全に整えておくことがあります。肌が乾燥している場合、通常よりも刺激を強く感じるのでクリームやローションでの保湿対策は絶対に必要です。

 

痛みに耐えられない場合脱毛サロンではどう対処してくれるの?

 

人によってはカフェインを摂取することで神経過敏になることもあるため、施術前のコーヒーは控えた方が良いでしょう。前日にしっかりと睡眠を取り肌荒れしないことを心掛けるだけで、普段より痛くなかったという人もいます。

 

 

痛いのが当然とも言われるサロンでの脱毛ですが、色々な工夫次第で痛みを軽減することは可能です。怖いからと体が緊張するのも痛くなる原因の一つと言われているため、施術中はリラックスを心掛けましょう。

 

 

サロンの施術は12回〜15回で1コースとなっていることが多いですが、3,4回目あたりからは自然と痛みが薄れることもあるようです。

 

 

痛いからとサロンに通えなくなる人が出ないように、各サロンでは冷却などの方法で痛み対策を行っています。万全の対策と言えるわけではありませんが、ずっと痛いのを我慢しなければならないわけではないので安心して施術を受けてください。