医療脱毛は麻酔をした方が安心?クリニックの麻酔に関する疑問を解説

医療脱毛は麻酔をした方が安心?クリニックの麻酔に関する疑問を解説

医療脱毛は麻酔をした方が安心?クリニックの麻酔に関する疑問を解説

 

医療脱毛の痛みは想像以上と言われますが、クリニックだからこその痛み軽減方法として麻酔を選ぶこともできます。ここでは本当に麻酔は必要なのか、するとしたら注意しなければいけないことがあるのか麻酔の疑問を徹底解説します。

 

 

医療脱毛で使用されるレーザーは高出力で、そのおかげで高い脱毛効果を得られるとも言えます。レーザーによる脱毛の仕組みはメラニン色素を持つ毛根を高温のレーザーで破壊するもので、その熱は200度に達するとされています。

 

 

もちろんピンポイントで瞬間的に照射するため、高温のレーザーでもひどい火傷にはなりませんが痛みは相当なものです。

 

 

そのため事前に肌を冷やすジェルを塗ったり、照射と同時に冷却したりといった対策が取られます。腕や足などはこのような対策だけで、何とか我慢できる程度の痛みに治まることも多いようです。

 

 

しかし皮膚が薄い部位や毛が濃い部位の脱毛は、冷却だけで痛みを抑えることができません。クリニックで顔やVIOを脱毛しようと思ったけれど、1回で断念したという話も珍しくありません。

 

 

施術を繰り返せば痛みも軽減されていくのですが、それがわかっていても続けられないのが医療レーザーの痛みということでしょう。肌が弱い人は施術後に腫れたり、赤味がなかなか引かなかったりといった肌トラブルを起こすこともあります。

 

医療脱毛は麻酔をした方が安心?クリニックの麻酔に関する疑問を解説

 

もちろん医師が施術するクリニックということもあり、軟膏などが処方され適切な処置も行われますが怖くなる人もいるはずです。そこでお勧めなのが、クリニックでしかできない痛みの対処法である麻酔の使用です。

 

 

脱毛サロンとクリニックの最大の違いとも言えるのが、麻酔使用の可否とも言えます。麻酔が使えるからと医療クリニックを選ぶ人もいるほどで、実際に痛みをほとんど感じないレーザー脱毛も可能になります。

 

 

クリニックで用いられる麻酔は主に麻酔クリームと笑気麻酔、麻酔テープの3種類です。男性に脱毛の施術を行う際には静脈麻酔を使用することもありますが、女性にはほとんど使われることはありません。

 

 

体への負担が大きいことに加え、体毛や髭が濃く脱毛の施術が困難な男性と女性では毛質が違うからです。歯科医でも利用される笑気麻酔は鼻からガスを吸入することで、ほろ酔い程度に気分を良くする麻酔です。

 

 

麻酔が効いている間も会話ができるほどですが、中には眠ってしまう人もいるほどリラックスできます。クリームタイプの麻酔は施術を行う箇所に塗るもので、効果が出るまでに30分ほどの待機時間が必要です。

 

 

痛みを軽減できる度合いは笑気ガスよりも高く、麻酔が切れた後もしばらくはしびれが残ることがあると言われます。麻酔テープもクリーム同様に施術箇所に使うものですが、効き目はクリームよりも弱めです。

 

 

どのタイプを採用しているかはクリニックによっても違いますし、脱毛部位に合わせて変えることも可能です。また笑気麻酔は妊婦に使用できない、クリームやテープは成分にアレルギーがある人に使えないなどの制約もあります。

 

 

効き目の強さだけで選ぶことはできないため、既往症や妊娠の可能性などについては医師に正しく伝えましょう。

 

 

正しく使えば脱毛の痛みや恐怖心を大幅に抑えることができる麻酔ですが、副作用や費用について理解する必要があります。

 

 

全身脱毛を行う場合、全てに麻酔を使用していたのでは高額の追加費用がかかってしまうでしょう。一般的にクリニックで使用される麻酔の料金は、3000円〜5000円程度と言われています。

 

 

笑気ガスよりも麻酔クリームの方が料金は高いことも多く、効果の現れる場所は限定的です。そのため広い範囲は笑気ガス、VIOや顔など痛みが強く出る場所にはクリームという使い分けを行うクリニックも少なくありません。

 

医療脱毛は麻酔をした方が安心?クリニックの麻酔に関する疑問を解説

 

ただ麻酔を使っても完全に痛みを取り除けるわけではないので、過剰な期待も禁物です。薬の効き目が人によって違うように麻酔の効果や持続時間、副作用の出方は人によって異なります。

 

 

費用や効果の有無、副作用のリスクを正しく知ったうえで、麻酔を使用するかどうか決めましょう。静脈麻酔以外は実施前の飲食禁止など事前準備は必要ないものの、多くのクリニックで麻酔の使用には事前の予約が必要です。

 

 

麻酔が必要かどうかを判断するための方法として、カウンセリングの時にテスト照射を受けられるクリニックもあります。我慢できる痛みなのか、それとも麻酔を使用した方が安心なのかは、実際にレーザーを照射してもらった方がわかりやすいでしょう。

 

 

その際に麻酔使用に伴うリスクについてもしっかりと確認しておくことで、麻酔が必要になった時も安心して使用できます。

 

 

脱毛に麻酔と聞くと大げさな気がするかもしれませんが、人によっては麻酔をしても耐えられない痛みを感じることがあります。痛みをなくすという直接的な効果以外に痛くないという安心感を持つためにも、麻酔の使用を検討してみるのも良いかもしれません。