自宅用の脱毛器は痛くないの?家庭での正しい使い方をレクチャー

自宅用の脱毛器は痛くないの?家庭での正しい使い方をレクチャー

自宅用の脱毛器は痛くないの?家庭での正しい使い方をレクチャー

 

サロンやクリニックに通うよりも手軽にできて安い脱毛法の一つが、家庭で使える自宅用脱毛器です。ここでは、痛くないと人気急上昇中の自宅用脱毛器を自分でも正しく使うための方法についてレクチャーします。

 

 

自宅用脱毛器で行える脱毛方法にはレーザーや光、サーミコン方式など色々あります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、選ぶ際には種類ごとの特徴を知っておくことも大事です。

 

 

レーザー脱毛器は医療脱毛で使われるレーザーを家庭用にしたもので、出力は抑えられているものの高い効果が期待できます。

 

 

男性の髭を脱毛できる脱毛器もあり、毛深い人や一本ずつの毛が太い人でもしっかりと効果を実感できるようです。また他の脱毛方法に比べると効果が早く出るのもレーザー脱毛器の特徴で、その分痛みも強いと言われています。

 

 

照射可能な範囲も小さく、1回の脱毛に多少時間がかかる点もデメリットと言えるでしょう。光を照射するタイプの自宅用脱毛器は、サロンと同じような効果が手軽に実感できます。

 

 

仕組みは業務用と同じでメラニン色素に反応させ、毛根にダメージを与えていくものです。照射できる光の出力は家庭用レーザー脱毛器より抑えめですが、その代わりに痛みも軽減されています。

 

 

さらにヘッドが大きいため1回の照射範囲が広く、短時間で脱毛を終えられるというメリットがあります。最近はサロンでも注目を集めている、バルジ領域にダメージを与えるタイプの家庭用光脱毛器も販売されています。

 

 

ただ製造しているメーカーが限られるためか実際に使用したことがある人も少なく、評判がわかりづらいのが難点です。

 

 

サーミコン方式は厳密に言うと脱毛ではなく、ムダ毛を焼き切るタイプですが痛みはほとんどありません。カミソリなどで自己処理を繰り返している人には、サーミコン方式の家庭用脱毛器もお勧めです。

 

自宅用の脱毛器は痛くないの?家庭での正しい使い方をレクチャー

 

家庭でも使える脱毛器はサロンやクリニックで使用されるものよりも、効果が劣るのではないかと思う人もいるかもしれません。確かに安全に使用できるようレーザーや光の出力を抑えてあるので、全く同じというわけにいかないのも事実です。

 

 

しかし手軽に使えることで処理回数を増やせる、予約などの必要がなく自分のペースで脱毛できるという利点もあります。そのため効率良く脱毛できるのは自宅用脱毛器という人も多く、実際に満足できる効果が得られているようです。

 

 

どの脱毛器を選ぶにしても、まず知っておかなければいけないのは脱毛器ごとに効果のあるムダ毛の種類が異なる点です。

 

 

太い毛や濃い毛も脱毛できるレーザー脱毛器ですが、産毛にはあまり効果が感じられません。一方の光脱毛器は産毛などの細い毛に対する効果が高く、太い毛に対してはレーザーより劣る部分もあります。

 

 

もちろん効果が出にくい毛に対しても施術を繰り返すことで少しずつ効果が現れるので、どれがダメというわけではありません。機械ごとの特徴を知って正しく使えば、どの自宅用脱毛器でもサロンやクリニックに匹敵するほどの効果が得られるでしょう。

 

 

使用にあたっての注意点はサロンなどで脱毛する時とほとんど変わりません。ただしサロンなら人にやってもらえることも、自宅用脱毛器を使用する際は自分で全てやることになります。

 

 

脱毛器を使う前にはムダ毛を剃っておく必要がありますが、この時気をつけたいのは肌を傷つけないことです。また脱毛前の処理は絶対に毛抜きを使わず、シェーバーやカミソリで行ってください。

 

 

毛根にダメージを与えたり、破壊したりするのが脱毛器の目的なので、抜いてしまうと効果が出ません。カミソリなどで肌に細かい傷がつくと痛みが出やすいので、ムダ毛の処理は前日までに済ませておく方が良いでしょう。

 

自宅用の脱毛器は痛くないの?家庭での正しい使い方をレクチャー

 

脱毛器によっては専用の冷却ジェルが付属していたり、別売りで購入できたりします。もし何もないようであれば保冷剤などで代用可能なので、肌を冷やすための道具を準備しておいてください。

 

 

痛みを防ぐために最も効果的なのは肌を冷やすことで、これは脱毛後の肌を守ることにもなります。自分で処理しづらいところは無理をせず、他の人に手伝ってもらった方が安心です。

 

 

脱毛器は使用にあたっての注意書きをよく読み、出力を細かく調整しながら使いましょう。細い毛は出力高め、太い毛は最小の出力からと様子を見ながらこまめに調整してみてください。

 

 

人に施術してもらう時は遠慮して痛いと言い出せないこともありますが、自分でやれば自由にコントロールできます。

 

 

痛みが心配でサロンなどに通えない人にとって、自分で痛みを調整できるのは大きなメリットでもあります。こうした点も、家庭で使える自宅用脱毛器の人気が高まっている理由かもしれません。

 

 

費用を抑えて痛くない脱毛ができる自宅用脱毛器は、サロンやクリニックに通うのが怖い人にぴったりです。ただし使い方を間違えると肌トラブルの原因にもなるため、手順や正しい使い方を守るようにしてください。