痛くない脱毛方法は効果が薄い?脱毛時の痛みと効果の関係性について

痛くない脱毛方法は効果が薄い?脱毛時の痛みと効果の関係性について

痛くない脱毛方法は効果が薄い?脱毛時の痛みと効果の関係性について

 

脱毛の方法には色々ありますが、一般的なイメージとして痛い方が効果的と思われているのではないでしょうか。ここでは脱毛時の痛みと効果は比例するものなのか、それとも痛くなくても効果は得られるのかについて解説します。

 

 

痛みの感じ方に個人差はあるものの脱毛に痛みが伴うのは事実で、それには使用する機械の仕組みによるものです。脱毛サロンで使われるフラッシュ脱毛器とクリニックで使われるレーザー脱毛器は、種類こそ違うものの脱毛の仕組みは同じです。

 

 

なぜムダ毛が抜けるのかというと光やレーザーで毛根を攻撃、破壊するからで、この際皮膚の内側には高温の熱が伝わります。レーザーの場合は約200度、フラッシュ脱毛器でも約70度の熱が肌に当たることになり、軽い火傷を起こしてしまうのです。

 

 

ムダ毛の中にあるメラニン色素に反応するので、太くて色の濃い毛ほど痛みは強くなります。細い毛や産毛の場合はメラニン色素が少なく反応しづらいため、出力を上げて照射することになり痛みが強く出がちです。

 

 

この時の痛みはムダ毛にしっかりアプローチできた証拠でもあるので、痛いほど効果が高いというのは間違いとは言えません。痛みを軽減するために出力を下げることはできますが、そうすると効果が出づらくなります。

 

 

もちろん肌表面が火傷するほどの出力で照射することはありませんが、痛みについては軽減するにも限度があると考えられます。

 

痛くない脱毛方法は効果が薄い?脱毛時の痛みと効果の関係性について

 

レーザーと光ではレーザーの方が脱毛効果は高いと言われるのは、照射時の温度の違いです。光脱毛器の熱では毛根にダメージを与えることはできても、完全に破壊することはできません。

 

 

そのため施術の回数を増やすことになるのですが、レーザーの場合は毛根を破壊することができるので短期間で脱毛が完了します。ただし痛みと脱毛効果が完全に比例すると言えるのは従来の機械で、最新の機械ではそうと言い切れない部分もあるようです。

 

 

これまでの脱毛器のように毛根を熱で破壊するという仕組みでは、痛みと効果が比例することは間違いありません。しかし攻撃するターゲットを変えた脱毛法なら、痛みがなくても効果的に脱毛することができます。

 

 

それがバルジ領域を破壊したりダメージを与えたりする脱毛方法で、サロンでもクリニックでも施術可能です。照射時に発生する熱は体温程度で火傷の心配はなく、瞬間的に熱を加えるものでもありません。

 

 

低温の光やレーザーでバルジ領域に蓄熱しダメージを与えるので、前後の冷却も不要です。この方法は3歳以上なら子供も受けられるほど痛みがないと言われており、人によっては寝てしまうこともあるそうです。

 

 

極端に皮膚が薄い人や敏感肌の人は、まれに刺激を感じることもあるそうですがジェルを塗ればそれも緩和されます。一瞬で毛根を焼き切る脱毛方法に比べると蓄熱式の脱毛法は、施術直後には効果を実感しづらいのは事実です。

 

 

ただすぐに効果が現れないのは発毛因子を攻撃しているためであって、数か月後には脱毛効果が現れるはずです。効果がないのではなく、効果が出るのが遅いというのが蓄熱式脱毛法の特徴でもあります。

 

 

この脱毛方法が登場したことから、脱毛効果と痛みが正比例するというのは正しくもあり、間違いでもあると言えるでしょう。

 

 

脱毛効果と痛みは比例するともしないとも言えるのは確かですが、それ以外にも痛みと効果の関係性に影響を与える要因があります。

 

 

その要因として考えられるのは脱毛部位や痛みの感じ方の人による違い、施術を受ける際のコンディションなどです。ワキやVIO、顔などは比較的痛みの出やすい場所ですが、足や腕はほとんど痛みを感じない人も少なくありません。

 

痛くない脱毛方法は効果が薄い?脱毛時の痛みと効果の関係性について

 

これは皮膚の薄さなどに関係しており、痛くないからといって効果がないとは言えません。逆にVIOなどの部位は元々痛みを感じやすいため、効果がなくても痛いという人は多いでしょう。

 

 

体調や肌の状態も痛みの差を生み出す原因になるので、この点でも痛いから効果的な脱毛方法と言うことはできません。肌が乾燥していると刺激を受けやすく、痛みの度合いも強く感じることがあるため保湿すれば痛みを軽減できます。

 

 

色黒の人と色白の人では色黒の方が痛みを感じやすいと言われていますが、これはメラニンに反応させるレーザーや光のせいです。

 

 

また同じ部位の脱毛を繰り返していると少しずつ痛みを感じにくくなりますが、効果が出なくなったわけではありません。痛みに慣れたことに加えて脱毛すべきムダ毛が減っていることで、痛みを感じにくくなっただけです。

 

 

これらを併せて考えてみると、痛い脱毛の方が効果的で痛くない脱毛は効果なしと言い切れない理由もわかるのではないでしょうか。

 

 

脱毛時の痛みと効果の関係が正比例するという考え方は、ある意味では間違っていません。しかし脱毛方法が進化していることや痛みを感じる要因が色々あることを考えれば、痛いから効果的というのが100%正解とは言えません。