次の脱毛の痛みを最小限にするため脱毛後に自分でできるケアについて

次の脱毛の痛みを最小限にするため脱毛後に自分でできるケアについて

次の脱毛の痛みを最小限にするため脱毛後に自分でできるケアについて

 

脱毛の施術を受けた後にどんなケアをするかによって、次回施術時の痛みの感じ方が変わります。自分でできるお手入れを覚えることで肌トラブルを防げるだけでなく、痛くない脱毛も可能になるでしょう。

 

 

サロンやクリニックで脱毛の施術を受けた肌は、いつもより敏感な状態になっています。脱毛時に痛みを感じるのは軽度の火傷をしたのと同じだからで、そう考えると肌ケアが大事なこともわかるでしょう。

 

 

施術直後に十分に冷やしてくれることもありますが、帰宅後もほてりを感じるようならまずは肌を冷やしましょう。ただし冷やし過ぎると血流が妨げられて肌の回復が遅れるため、濡れタオルで冷やす程度で構いません。

 

 

入浴は問題ありませんが湯船につかると痛みや痒みを感じることもあるので、シャワーだけにしておく方が無難です。水圧や湯温が刺激にならないよう、ぬるめのお湯をサッと浴びる程度で十分です。

 

 

脱毛後の肌は水分が失われやすくなっており、放っておくと乾燥による肌トラブルの原因にもなります。しっかりと水分と油分を与えることで回復を促すこともできるので、保湿ケアは入念に行いましょう。

 

 

普段使っている化粧水や乳液で構わないので、じっくり肌に浸透させるようにお手入れをしてください。乾燥した肌はレーザーや光の痛みを感じやすくなるので、保湿ケアは次回の痛みを最小限に抑えるための大事なポイントです。

 

 

また水分量の多い肌は痛みを感じにくいだけでなく、レーザーや光を肌の奥深くまで届きやすくしてくれます。脱毛効果を上げるためにも重点的な保湿が役立つため、当日だけでなく普段からしっかりお手入れしましょう。

 

 

ただ肌が敏感になっている時は、いつものスキンケアが合わなくなることもあります。そんな時は肌のバリア機能をサポートしてくれて、刺激を与える心配のないワセリンでのケアがお勧めです。

 

次の脱毛の痛みを最小限にするため脱毛後に自分でできるケアについて

 

一年を通してUVケアは万全という人なら問題ありませんが、あまり気を遣っていない人は日焼けにも要注意です。真夏の強い日差しだけ気をつければ良いのではなく、雨が降らない限り一年中紫外線は降り注いでいます。

 

 

脱毛すると毛根だけでなく周辺の組織にも熱が伝わりダメージが残るため、シミや色素沈着を起こしやすくなります。ひどい日焼けをしている場合は、施術を断られることもあるので気をつけましょう。

 

 

効果的な脱毛をするには毛周期に合わせた間隔での施術が必要で、日焼けで施術できないと脱毛効果も下がります。またレーザーや光はメラニン色素に反応するため、施術ができる程度でも日焼けは禁物です。

 

 

外出時の長袖着用、日傘の使用はもちろん、室内にいる時のうっかり日焼けにも注意してください。脱毛直後は日焼け止めクリームを塗ると刺激を感じることもあるため、しばらくは避けた方が良いかもしれません。

 

 

もし使用するのであれば低刺激で、専用のクレンジングを使わなくても洗い流せるものを選びましょう。ワキ脱毛をした時は制汗スプレーの使用にも注意した方が良いかもしれません。

 

 

汗が気になる時に使いたくなりますが、日焼け止め同様に肌に刺激を与える可能性がありひどい場合は色素沈着してしまいます。サロンによっては、自社で推奨する日焼け止めや制汗スプレーを紹介してくれることもあるようです。

 

 

施術後もしばらくはムダ毛が残るため自己処理をしたくなりますが、毛抜きの使用は絶対に避けてください。肌に大きな負担となるだけでなく、サロンやクリニックでの施術にも影響を与えます。

 

次の脱毛の痛みを最小限にするため脱毛後に自分でできるケアについて

 

脱毛方法にもよりますがメラニン色素に反応させる光やレーザーを使用する施術を受ける際は、肌内部の毛を残さなければなりません。そのため毛抜きや家庭用脱毛器、肌の奥の毛も溶かすタイプの除毛クリームの使用は控えてください。

 

 

生えかけのムダ毛が気になる時は剃るのが一番で、その際にはカミソリではなく電気シェーバーを使いましょう。カミソリは皮膚を傷つけてしまう可能性が高いため、処理後の肌が乾燥しやすくなります。

 

 

電気シェーバーならムダ毛だけを処理でき、肌への負担を抑えることができます。施術の前にはムダ毛を自分で処理しておく必要がありますが、当日ではなく前日までに済ませておきましょう。

 

 

肌に優しい電気シェーバーであっても刺激はゼロではないので、当日の処理は肌に負担が大きくなります。施術を受ける際には体を締め付けない洋服を着ていくと、施術後の肌と洋服の摩擦によるダメージを防げます。

 

 

脱毛後の肌は少しの刺激でもいつも以上に反応するので、普段以上の丁寧なケアが必要です。次回の施術時に痛みが増さないようにするためにも、自分でできるケアは徹底的に行ってください。

 

 

サロンやクリニックでは施術後の注意点や控えた方が良いことなどをまとめた紙をくれたり、口頭で伝えてくれたりするはずです。脱毛後の肌は思った以上にダメージを受けているため、それをどれだけ早く回復させられるかが次回の施術を痛くしないコツと言えます。