肌荒れで痛みを増加させないための脱毛前の正しい自己処理方法

肌荒れで痛みを増加させないための脱毛前の正しい自己処理方法

肌荒れで痛みを増加させないための脱毛前の正しい自己処理方法

 

初めて脱毛の施術を受ける人は、自己処理が必要なことすら知らないことも多いようです。やり方を失敗すると施術の際の痛みが増加することもあるので、ぜひ正しい自己処理の方法を覚えてください。

 

 

これから脱毛するのに、事前の処理が必要なのはどうしてだろうと不思議に思う人もいるかもしれません。確かにわざわざ処理しなくても良さそうな気もしますが、実はムダ毛が伸びたままで施術を行うことはできないのです。

 

 

なぜかというと照射する光が肌表面の毛のメラニン色素に反応すると、毛根にまで到達せず効果が半減するからです。レーザーや光は肌表面のムダ毛なのか、毛根なのかに関係なく色素に反応します。

 

 

ムダ毛を長い状態で残しておくと効率良く脱毛できないため、施術前の処理が必要です。また自己処理をしていないと残った毛の全てに反応することになり、広範囲に高温の熱が伝わります。

 

 

こうなると痛みだけでなく皮膚表面の火傷や赤み、腫れが起こりやすくなります。これが脱毛前に自己処理を行わなければならない理由で、脱毛効果を高めるためでもあり肌を守るためでもあるということです。

 

 

以前は処理せずにサロンやクリニックに行っても、シェービングしてくれることが多かったようです。しかしシェービングを禁止するサロンが増えたり、別料金を設定したりするところも増えてきました。

 

肌荒れで痛みを増加させないための脱毛前の正しい自己処理方法

 

施術を受ける人がみんな処理をしていないと対応に時間がかかることもあるので、施術を断るサロンもあります。

 

 

一部のサロンではカミソリを使用したシェービングが医療行為だということで、対応不可としているところもあります。契約時には自己処理を忘れた場合にどのような対応になるか、きちんと確認しておきましょう。

 

 

自己処理の際に気をつけなければいけない点は、肌を傷つけないということです。肌に傷がついているとレーザーを照射した際の痛みが増すだけでなく、肌トラブルの原因にもなります。

 

 

カミソリ負けなどで、ひどく肌荒れしていると施術を受けられないこともあるので気をつけてください。肌荒れしないための正しい自己処理には、電気シェーバーが適しています。

 

 

カミソリと違って刃が直接肌に当たらないので傷をつける心配もなく、剃りにくい場所も安心です。顔は小型の顔用シェーバー、体には処理できる範囲の広いボディ用のシェーバーを使用しましょう。

 

 

自己処理を行うのは遅くとも前日までで、当日の処理は電気シェーバーを使用したとしても避けた方が良いと言われています。

 

 

肌への負担が少ないとはいえ、直後に脱毛の施術で強い光やレーザーを照射すると痛みを感じることもあります。しっかり肌を休めてから施術を受けるためには2,3日前に済ませておくのが理想的です。

 

 

毛の生えるスピードが早い人でも数日でそこまで伸びることはないので、計画的に自己処理を済ませておきましょう。処理の際は完全に毛を剃る場合と1ミリ程度残す場合がありますが、これは通っているサロンやクリニックで確認してください。

 

 

適度な長さに残すためにも、やはりカミソリよりは電気シェーバーの方が便利でしょう。VIOやワキなどの太い毛を剃る際は、蒸しタオルで温めたりお風呂上がりに処理するとやりやすいようです。毛の流れに逆らわず、流れに沿ってシェーバーを動かすと肌を傷つけずに剃れます。

 

 

ムダ毛を剃ったら自己処理は終わりではなく、その後の保湿ケアも脱毛時の痛みを軽減させるために必要なステップです。処理後の肌は乾燥しやすい状態なので、放っておくと水分がどんどん失われていきます。

 

肌荒れで痛みを増加させないための脱毛前の正しい自己処理方法

 

肌の水分が足りていないとレーザーや光が届きにくく、効果を出すために出力を上げなければいけなくなります。逆に乾燥していて痛みが強くなるからと出力を下げられることもあり、そうなると十分な効果が得られません。

 

 

また痛みが伝わりやすい状態でもあるので、乾燥させないための保湿が重要です。ムダ毛をなくしてしまった方が早く脱毛が終わるのではないかと考えて、自己処理に毛抜きを使う人もいますがそれは間違いです。

 

 

毛があるということはメラニン色素が存在するということで、それに光やレーザーが反応すれば脱毛効果が出ます。しかし毛抜きで抜いてしまうと反応するものがなくなってしまい、照射しても無駄になるだけです。

 

 

さらに毛周期を狂わせることになり、脱毛期間が延びることも考えられるので毛抜きは絶対に使わないでください。これは脱毛期間中ムダ毛が気になって処理する時にも共通することで、脱毛開始後は毛を抜くのは禁止です。

 

 

脱毛後は肌が敏感に反応することもあり、毛抜きで処理したところが色素沈着を起こすこともあります。効果を上げるためにも、肌を守るためにも自己処理は正しく行いましょう。

 

 

脱毛の施術の前に行う自己処理は、通常のムダ毛処理より慎重に行わなければなりません。肌を傷つけないよう、かつムダ毛を残さないようにするためには時間に余裕を持たせることも大事でしょう。