レーザー脱毛でも最新式なら痛くない?レーザー脱毛の種類を知ろう

レーザー脱毛でも最新式なら痛くない?レーザー脱毛の種類を知ろう

レーザー脱毛でも最新式なら痛くない?レーザー脱毛の種類を知ろう

※キャンペーン

  ●○●全身脱毛9,980円!!●○●

 

 全身脱毛が激安な9980円でできる…
   夢の通い放題コース!☆脱毛ラボまで☆         

ミュゼ

脱毛スタートするなら、まずは全身から!
    全身21カ所一気に脱毛!
全身脱毛プラス<年間パスポート>980円!
 24時間いつでも予約・変更が可能

 

 

脱毛効果は高いけれど痛いというのがレーザー脱毛の常識でしたが、それも少しずつ変わってきたようです。ここでは痛みを大幅に軽減できると言われる、最新のレーザー脱毛機についてまとめてみました。

 

 

クリニックで使用されている医療脱毛用のレーザーは1種類ではなく、レーザーの波長や製造元による違いがあります。脱毛は痛いというイメージを植え付ける原因となった脱毛機は比較的古いもので、痛みを抑える工夫がなされていません。

 

 

そのため出力の高いレーザーの熱がそのまま肌に伝わり、焼かれるような痛みを感じることもあったのです。肌の奥深くにある毛乳頭に高温のレーザーを照射すると、瞬間的に強い刺激を与えることになります。

 

 

部位によっては自然に体が飛び跳ねてしまうほどの痛みで、麻酔なしでの施術が難しいと言われることもありました。しかし最近のレーザー脱毛は効果を維持できる程度の出力に程よく抑え、痛みを和らげる工夫がされています。

 

 

そのおかげで高い脱毛効果のある医療レーザーでありながら、痛みはサロン並みという脱毛方法が可能になりました。ただし最新のレーザー脱毛機は高価なこともあり、全てのクリニックに導入されているわけではありません。

 

 

昔からある機械に問題がなければ買い替えないクリニックも多く、そうしたところでは現在も痛いレーザー脱毛が行われています。レーザー脱毛にも種類があり、痛くない機械もあるということを知っておけばクリニック選びで失敗することもないでしょう。

 

 

レーザー脱毛の中でも痛みが特に少ないと言われるのは、蓄熱式ダイオードレーザーです。これまで主流だったアレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーより遥かに痛みのない脱毛ができます。

 

 

その理由は出力を約半分に抑えたレーザーの熱で、少しずつ毛包にダメージを与えていくからです。一瞬で熱を加えれば早くダメージを与えられますが痛みは増します。

 

レーザー脱毛でも最新式なら痛くない?レーザー脱毛の種類を知ろう

 

低出力でも時間をかけて熱を加えていけば毛包には十分なダメージになるので、脱毛効果が急激に下がることもないでしょう。とはいえクリニックで使われるレーザーのため、肌に全く刺激がないほど弱いわけでもありません。

 

 

それを解消するために装備されているのが、照射時の熱を瞬間的に取り去る冷却装置です。光脱毛や従来のレーザー脱毛では肌に冷却ジェルを塗っていましたが、今は脱毛機で冷やしながら施術を行うことができます。

 

 

VIOや顔などで多少の痛みはあるものの、それも少しつねられた程度という人がほとんどです。今までレーザーで脱毛したことがある人の中には、痛みのなさに拍子抜けしてしまうこともあると言われています。

 

 

さらに嬉しいのは日焼け後の肌にも施術ができることで、顔の産毛処理も可能です。照射できる範囲が広いので一回の施術時間も短く、さらに痛みもないので気軽に受けられます。

 

 

ただし最新式の脱毛機ということで、施術が受けられるクリニックは限定されます。また脱毛の途中経過では、目に見える効果を実感しづらいという人も少なくないようです。

 

 

最終的にムダ毛がなくなるのは他のレーザー脱毛と同じなので、途中で焦る必要はありません。

 

 

ダイオードレーザーにはもう一つ別の種類のショット式もあります。レーザーの仕組みは同じですが、照射の際は蓄熱式よりも高温で出力します。

 

 

そのためチクチクと刺すような痛みを感じることもあり、VIOや顔脱毛ではさらに痛みが増すこともあるかもしれません。しかし日本で数多く導入されているショット式ダイオードレーザー脱毛機は、冷却装置に加えて吸引装置が付いています。

 

 

これによって本来感じるはずの痛みがなくなり、肌への負担も軽減してくれます。なぜ吸引装置が痛みの軽減につながるかというと、肌を吸引することで真空状態を作り、痛みの伝わりを阻害するからです。

 

 

照射ヘッドのサイズも大きめで照射漏れが防げるほか、施術時間も大幅に短くなっています。蓄熱式、ショット式ともにダイオードレーザーを使用しているので、細い毛や産毛も脱毛できます。

 

レーザー脱毛でも最新式なら痛くない?レーザー脱毛の種類を知ろう

 

さらに肌表面のメラニン色素に対する反応が弱いため、多少の日焼けや色黒肌であれば問題なく施術可能です。ただ肌表面にあまり働きかけないこともあり、レーザーによる美肌効果は期待できません。

 

 

ショット式ダイオードレーザーはニキビ肌に多少の効果が期待できるものの、美肌目的では使えないということです。脱毛効果についてもこれまでのレーザーに多少劣るのは事実で、その点については理解しておいた方が良いでしょう。

 

 

そうはいっても痛くないレーザー脱毛と言えるのは、今のところダイオードレーザーだけです。クリニックを選ぶ際はレーザーの種類をしっかりと確認しましょう。

 

 

脱毛機は今後もどんどん進歩していくことが考えられ、今より痛みのない脱毛が可能になる日も遠くなさそうです。どのクリニックが良いか迷ったら、機械の新しさを基準に考えてみるのも良いかもしれません。