脱毛する時の痛みは体の部位で違うの?痛みを感じやすい部位を解説

脱毛する時の痛みは体の部位で違うの?痛みを感じやすい部位を解説

脱毛する時の痛みは体の部位で違うの?痛みを感じやすい部位を解説

※キャンペーン

  ●○●全身脱毛9,980円!!●○●

 

 全身脱毛が激安な9980円でできる…
   夢の通い放題コース!☆脱毛ラボまで☆         

ミュゼ

脱毛スタートするなら、まずは全身から!
    全身21カ所一気に脱毛!
全身脱毛プラス<年間パスポート>980円!
 24時間いつでも予約・変更が可能

 

 

脱毛は痛いと言いますが全ての部位で同じ痛みを感じることはなく、部位による違いはかなり大きいようです。今回はどの部位が痛みを感じやすいのか、その原因とあわせてお伝えします。

 

 

なぜ脱毛で痛みを感じるのかというと、まずは使用する機械による刺激が挙げられます。クリニックで使用されるレーザーやサロンで使用される光は、メラニン色素に反応して熱を発します。

 

 

この熱で毛乳頭や毛根がダメージを受けたり、破壊されたりして毛が抜けるのが脱毛の仕組みです。しかし熱を発するということは肌内部や表面にも刺激を与えることになり、脱毛時には痛みが伴うというわけです。

 

 

実際にレーザーや光が反応しているのはメラニン色素を持つムダ毛だけですが、高温のため一瞬でヤケドしたような状態になります。その痛みが周囲の皮膚に伝わるので瞬間的に強い痛みを感じますが、普通は一瞬で引く痛みです。

 

 

出力を下げれば痛みは軽減できますが、基本的に出力の高さと脱毛効果は比例します。最近の脱毛機の中には高温の熱を発するのではなく蓄熱して脱毛するものもありますが、効果が現れるまでに時間がかかります。

 

 

ただし痛みに関しては雲泥の差と言っても良いほど軽減されており、脱毛時の心理的な負担を減らすことは可能です。高出力のレーザーや光も痛すぎる時には出力の調整が可能で、実際にサロンでも脱毛部位ごとに出力を調整しています。

 

 

また痛いので出力を下げて欲しいなど個別に対応もしてもらえるので、痛みへの不安がある人は事前に伝えておきましょう。

 

 

脱毛部位によって痛みの度合いが異なる理由は皮膚の薄さやムダ毛の太さ、濃さが違うからです。この他、骨や関節に近い部分も痛みの伝わり方が直接的で、激痛が走ることもあります。

 

脱毛する時の痛みは体の部位で違うの?痛みを感じやすい部位を解説

 

濃い毛はメラニン色素の量が多いのでレーザーや光の反応も強く、痛みを感じやすくなります。逆に産毛などはメラニン色素が少ないので、脱毛効果を上げるために出力を上げるせいで痛みが強く出やすいでしょう。

 

 

クリニックで使われるレーザーが発する熱は、最高出力にすると約200度とも言われています。比較的出力の弱いサロンの光脱毛でも約70度なので、最高出力で照射すれば痛くないわけがありません。

 

 

皮膚の状態によっても痛みの強さは変わり、乾燥しているとより痛みを感じやすいようです。乾燥した肌は外部からの刺激に対するバリア機能が低下し、痛みをダイレクトに伝えてしまうからです。

 

 

またメラニンに反応する特性から、色黒の人や色素沈着を起こしている肌は熱による刺激が強くなりがちです。いつもは痛くないのに今日は痛いなど、体調次第で感じ方が変わる人も珍しくありません。

 

 

生理中の女性は肌が敏感になることもあるので、施術のタイミングによっても感じ方が変わります。使用する機械や肌、ムダ毛の特徴によって痛みの度合いは変わり、さらに部位によっても差がつくことになります。

 

脱毛する時の痛みは体の部位で違うの?痛みを感じやすい部位を解説

 

どんな脱毛法でも痛みを感じやすい部位として挙げられるのはVIO、顔、手指とワキです。このうちVIOとワキが痛い理由として共通しているのは、ムダ毛の太さです。

 

 

他の部位に比べると濃く、太い毛が生えているため、出力を下げたとしてもレーザーや光が強く反応することになります。またVIOについては皮膚の薄さや色素沈着、骨との近さなどの痛くなりやすい条件が揃っています。

 

 

さらに粘膜組織に近い肌は敏感で、VIOを痛みなく脱毛する方法はかなり限られているのが事実です。ワキの場合はVIOより多少はマシなものの、1回目の施術では特に痛みを感じる人も少なくありません。

 

 

顔は逆に細い産毛しか生えていないためレーザーの出力を上げる必要があり、そのせいで痛みが強まります。脂肪が少ないので痛みの伝わり方も直接的で、骨に近い鼻下や眉の近くは痛みがさらに増します。

 

 

手の甲や指も同様に、脂肪量の少なさや骨の近くということで痛くなりやすい部位です。施術回数が少ない医療用レーザーでも8回ほど、光の場合は15回前後、こうした痛みに耐えなければならないことになります。

 

 

ただ何度か施術するうちに毛が細くなったり、痛みに慣れたりするので最初から最後まで激痛が続くわけでもありません。完全に痛みがなくなることはないにしても、少しずつ痛みがなくなっていくことは確かです。

 

 

どうしても痛いのが怖い人は1回目の施術は出力を抑えてもらって、徐々に慣らしていくという方法を取ることもできます。その分効果が実感しづらくなるかもしれませんが、最後まで通い続けるには恐怖心をなくすことも大事です。

 

 

初回の施術前には必ずカウンセリングが行われるので、痛みに対する不安があれば施術スタッフにきちんと伝えておきましょう。

 

 

脱毛する部位による痛みの感じ方の違いは大きいですが、さらに痛みへの耐性は人それぞれです。他の人には我慢できるけれど自分には無理ということもよくあるので、心配な場合はお試しから始めてみましょう。