vio脱毛は痛い?vioが痛くない脱毛方式や痛みを軽減する対処方法

vio脱毛は痛い?vioが痛くない脱毛方式や痛みを軽減する対処方法

vio脱毛は痛い?vioが痛くない脱毛方式や痛みを軽減する対処方法

※キャンペーン

  ●○●全身脱毛9,980円!!●○●

 

 全身脱毛が激安な9980円でできる…
   夢の通い放題コース!☆脱毛ラボまで☆         

ミュゼ

脱毛スタートするなら、まずは全身から!
    全身21カ所一気に脱毛!
全身脱毛プラス<年間パスポート>980円!
 24時間いつでも予約・変更が可能

 

 

脱毛の中でも特に痛いと言われるのがVIO脱毛ですが、方法を選べば痛くないVIO脱毛ができます。ここではどの脱毛の方式を選べば痛くないのか、痛みを軽減するにはどう対処すれば良いのかについてご説明します。

 

 

VIO脱毛の痛みを左右するのは主に脱毛に使用する機械の種類で、クリニックのレーザーよりサロンの光脱毛の方が痛くありません。ただ最近はクリニックでも痛みが少ない機械を導入しており、古い光脱毛機よりはマシという声もあるようです。

 

 

これからVIO脱毛をしようとする人が一番気になるのは痛みの程度だと思いますが泣くほど痛い、悶絶したなど人によって違います。耐えられないほどの痛みを感じたという人の多くは、効果が高いと言われるレーザー脱毛の施術を受けています。

 

 

一方でかなり痛いけど我慢できる程度、慣れれば大丈夫という人もいますが、脱毛サロンで施術した人に多い感想のようです。この他、痛みについては感じ方に個人差が大きく、同じ医療用レーザーでも全く反応が異なることもあります。

 

 

そのため一概にレーザーが痛いとは言い切れず、最も痛くない脱毛方式を探すのは意外と難しいかもしれません。脱毛の仕組みを考えれば約200度の熱を発するレーザー脱毛が痛いのは当たり前で、痛くないレーザーの方が不思議なくらいです。

 

 

またVIOはムダ毛が他の部位よりも太くメラニン色素も多いため、どうしてもレーザーや光が反応しやすくなります。さらに皮膚が薄くデリケートで骨に近い部位ということも相まって、痛くなるのは仕方ないとも言えます。

 

 

施術を数回繰り返して毛量が減り刺激に慣れてくればVIO脱毛の痛みは軽減されますが、1回目から無痛というのは難しいでしょう。

 

vio脱毛は痛い?vioが痛くない脱毛方式や痛みを軽減する対処方法

 

では痛くないVIO脱毛は諦めた方が良いのかといえばそうではなく、これまでとは異なる低温の光脱毛なら痛みはほぼゼロです。今までの脱毛に用いられていたのは、熱の力で毛根を破壊するレーザーや高温で毛乳頭にダメージを与える光です。

 

 

肌が火傷したような状態になるため痛みを感じていたわけですが、新方式では高温の熱が発生しません。30度〜38度程度の熱で毛包をじんわり温めながら、少しずつ毛根にダメージを与えるのが今話題の痛くない脱毛の方式です。

 

 

もちろん光を照射しているので肌に温もりは伝わりますがヤケドするような高温ではないので、毛穴周囲の肌に刺激もありません。冷却も不要になるので不快感のある冷たいジェルも不要、常温のジェルを塗るだけで施術できます。

 

 

ハイパースキン脱毛やSHR脱毛と呼ばれるのが、このタイプの脱毛方式で蓄熱式脱毛と紹介されることもあります。一瞬で高温の熱を加えるのが従来の方式、毛包の周囲を熱で包み込むのが蓄熱式の脱毛方式です。

 

 

蓄熱式脱毛の良い点はメラニン色素に反応しないということで、これによりVIOが色素沈着していても問題なく施術できます。高温の熱を発生させるレーザーやIPL、SSCなどの熱式脱毛は、メラニン色素の多い肌には施術できずVIOの処理を諦めた人もいます。

 

 

痛みがないうえに毛の色や太さ、肌の色も問わないのが最新の脱毛方式の大きなメリットと言えるでしょう。ただ蓄熱式脱毛の場合、現在生えている毛の毛根を攻撃するわけではありません。

 

 

そのため1回目では効果を感じられない人もいますが、回数を重ねればしっかり効果を実感できます。

 

 

脱毛方式で痛くない方法を選ぶのとあわせて、自分自身で対策を取れば痛みに対する備えは万全です。

 

 

まず気をつけたいのは、体調が悪い時に施術を受けないことです。脱毛の予約は数カ月前に済ませることも多いので、当日に風邪気味だったり生理だったりという可能性は少なくありません。

 

vio脱毛は痛い?vioが痛くない脱毛方式や痛みを軽減する対処方法

 

そんな時でもキャンセルすると次の予約が取りづらい、キャンセル料がかかるなどの理由で無理に施術を受ける人もいます。しかし体調が優れない時は肌の調子もいつも通りではなく、刺激に敏感になっているので痛みを強く感じることが多いでしょう。

 

 

肌トラブルのリスクも高くなるので、体調不良の時は思い切ってキャンセルしてください。もう一つの痛み対策は保湿をしっかり行うことで、肌に潤いがあれば痛みを和らげることができます。

 

 

普段はVIOの保湿をしない人もいると思いますが、少なくとも脱毛期間中は徹底的な保湿を心掛けてください。デリケートゾーン専用のソープで洗った後、同じくデリケートゾーン用のローションやクリームを使います。

 

 

保湿と黒ずみのケアが同時に行えるクリームもあるので、色素沈着が気になる人は使ってみてはいかがでしょうか。もちろん顔用のスキンケアアイテムを使うこともできますが、その際もできるだけ刺激の少ないものを選びましょう。

 

 

脱毛の方式を選び、痛みを軽減する対策を取ればVIO脱毛も怖くありません。痛みに弱い人に合わせて出力を調整してもらうこともできるので、少しでも痛いと思ったら遠慮せず申し出ることも大事です。