医療脱毛はどこも痛い?レーザー脱毛でも痛くない施術法について

医療脱毛はどこも痛い?レーザー脱毛でも痛くない施術法について

医療脱毛はどこも痛い?レーザー脱毛でも痛くない施術法について

※キャンペーン

  ●○●全身脱毛9,980円!!●○●

 

 全身脱毛が激安な9980円でできる…
   夢の通い放題コース!☆脱毛ラボまで☆         

ミュゼ

脱毛スタートするなら、まずは全身から!
    全身21カ所一気に脱毛!
全身脱毛プラス<年間パスポート>980円!
 24時間いつでも予約・変更が可能

 

色々な脱毛方法がある中で医療脱毛は特に痛いと言われますが、最近は痛くない施術を行うクリニックも増えているようです。医療レーザー脱毛の効果は誰もが認めるところですが、痛くないレーザーにも同じ効果が期待できるのでしょうか。

 

 

レーザー脱毛が痛いのは出力の高いレーザーを照射するからで、それによって高い効果が得られるとも言えます。痛みのせいで施術を断念した人の口コミが伝わったせいか、医療レーザーは痛いというイメージが広く浸透しています。

 

 

日本に初めて医療用レーザー脱毛機が入ってきたのは20年以上前で、当時から痛いけれど効果があると言われていました。その後も数種類のレーザー脱毛機が販売されましたが、痛みを大幅に軽減したものはなかったようです。

 

 

しかしここ数年の間に新たに開発された機械はレーザーの種類や付随する装置を変えることで、かなり痛みが解消されています。痛みを取り除く方法として代表的なものは、冷却装置で冷やしながら脱毛する方法です。

 

 

レーザーを照射すると毛穴の奥が瞬間的に高温になり、その熱が肌に伝わるため痛いと感じます。新しい機械ではレーザーの照射と同時に冷却を行うため、熱を感じにくくなり結果的に痛みが軽減されるのです。

 

 

また広い範囲に施術を行うレーザー脱毛の中には、肌を吸引して真空状態にすることで痛みをなくす機械もあります。照射をヘッドが肌を引っ張ると痛みの伝わりをブロックすることができ、強い刺激と感じる前に痛みが治まる仕組みです。

 

 

ただし冷却や吸引でも100%痛みをなくすことはできないため、VIO脱毛など部位によっては麻酔クリームなどを使うこともあります。とはいえ古い医療用レーザー脱毛機に比べると痛みは少なく、施術を受けてビックリする人もいるようです。

 

医療脱毛はどこも痛い?レーザー脱毛でも痛くない施術法について

 

高温のレーザーで脱毛できるのは約200度の熱が毛根に伝わるからで、一瞬でムダ毛を焼いていると思えばわかりやすいでしょう。ただ集中して照射するとはいえ熱を毛根のみに当てることは不可能なため、周囲の組織もダメージを受けます。

 

 

いわば肌表面と内部で火傷を起こしている状態になるわけですから、痛いと思っても不思議ではありません。そこで登場したのが照射するレーザーの温度を下げて、狙った場所にじわりじわりと熱を与えていく蓄熱式の脱毛方法です。

 

 

一般的なレーザー脱毛はメラニン色素に反応させて脱毛しますが、蓄熱式のダイオードレーザーはバルジ領域がターゲットです。バルジ領域とは毛を作り出す指令を送る場所で、言ってみればムダ毛を作る大本になります。

 

 

黒い色素を持つ毛根や毛包を破壊するわけではないので、肌の色に関係なく施術可能で産毛や白髪の脱毛もできます。照射時に熱は発生するものの約60度と従来に比べると大幅に低下しており、火傷した時のような鋭い痛みも感じにくいでしょう。

 

 

痛みが少ない脱毛と言われ、サロンで気軽に受けられる光脱毛でも約70度の光を照射します。そう考えてみると、医療レーザーでも痛くない脱毛を受ける事は可能だと納得できるはずです。

 

 

蓄熱式脱毛法の利点は痛みが軽減されたことだけでなく、毛周期に関係のない施術ができるということです。これまでは毛の成長に合わせて2,3ヶ月に一度施術を受けなければ効果はありませんでしたが、この方法なら1ヶ月間隔でも通えます。

 

医療脱毛はどこも痛い?レーザー脱毛でも痛くない施術法について

 

元々効果が早く実感できると言われている医療レーザー脱毛ですが、さらに短期間で施術を終えることも可能です。

 

 

痛くないレーザー脱毛はメリットも多いですが、新しい機械を使用するため全てのクリニックで施術可能というわけにはいきません。クリニックによっては機械の種類が明記されておらず、単に痛くない脱毛機となっていることもあります。

 

 

どんな機械を使用しているかは医療脱毛で痛みを感じるかどうかの重要なポイントのため、問い合わせの際に確認しておきましょう。医療脱毛の痛みをできるだけ少なくするには機械の種類を選ぶだけでなく、施術の際のコンディションを整えることも大事です。

 

 

体調不良の際に肌の不調を感じることもありますが、その状態で脱毛すると痛みが強くなります。生理や寝不足などの影響は肌にてきめんに現れるため、刺激に敏感な状態になります。

 

 

また乾燥した肌も刺激に弱いので、脱毛の前にはしっかりと保湿しておいてください。医療脱毛では痛みに耐えられない人に麻酔を使うこともできるので、どうしてもという場合は使用を検討するのも良いでしょう。

 

 

ほとんどの場合1回目よりも2回目の方が痛みは弱くなり、完了間近の施術ではほぼ痛みゼロという人もいます。最初の数回で強い痛みを感じたとしても、マシになるということを知っておけば諦めずに通えそうです。

 

 

医療レーザー脱毛が痛いのはある程度仕方のないことですが、以前よりも痛くない施術は増えています。クリニックを選ぶ際に機械にこだわるというポイントを忘れず、安心して受けられるところを探してください。