脱毛が人によって痛いと感じる人と痛くない人がいるのは何故?

脱毛が人によって痛いと感じる人と痛くない人がいるのは何故?

脱毛が人によって痛いと感じる人と痛くない人がいるのは何故?

 

脱毛の痛みについて調べてみると同じ施術でも痛いという人と痛くないという人がいて、どちらが本当なのか迷うこともあります。ここでは人によって感じ方が違うのはなぜなのか、その理由について調べてみました。

 

 

脱毛の痛みを例える時によく言われるのが、ゴムを弾いたような痛みという言葉です。ただ同じように表現した場合でもそれを耐えられないという人もいますし、この程度なら大丈夫という人もいます。

 

 

このような違いがある理由はいくつかありますが、その一つが脱毛する部位の違いです。例えば腕にゴムを弾いた痛みを感じても耐えられるけど、顔だと耐えられないという人は多いのではないでしょうか。

 

 

さらに他の部位は何とか我慢できても、VIO脱毛だけは絶対に無理だという人もいます。これは脱毛する部位による痛みの差があるからで、その理由は皮膚の厚みや脂肪量、骨との近さなどです。

 

 

顔やVIOは皮膚が薄くとてもデリケートなため、脱毛時に照射された光やレーザーの熱がダイレクトに感じられます。一方でふくらはぎや太もも、腕などは比較的皮膚が厚く、痛みの伝わり方も弱いと言われています。

 

 

この他にも部位ごとに痛みが違って感じられる原因はありますが、それは毛の太さと量です。太い毛が多いVIOやワキはレーザーや光がメラニン色素に反応しやすく、肌の奥深くでも相当の熱を感じます。

 

 

顔は逆にメラニン色素の少ない産毛を処理しなければならず、出力を上げる傾向にあるため痛く感じることが多いようです。

 

脱毛が人によって痛いと感じる人と痛くない人がいるのは何故?

 

膝上や膝下、腕などは痛みを感じる人が少ない部位と言われますが、毛の太さや濃さによって痛みの度合いは違います。人による痛みの感じ方の違いとしてまず挙げられるのは、脱毛部位とムダ毛の質と考えて良さそうです。

 

 

同じ条件で脱毛の施術をしたにもかかわらず、痛みの感じ方が違うその他の理由は個人差によるものです。元から痛みへの耐性がある人なら脱毛時の痛みもそれほど感じないですし、そうでないなら激痛に思えるでしょう。

 

 

痛みに対する恐怖が強すぎるあまり、実際の痛さ以上に反応をしてしまう人もいます。脱毛は痛いと聞くと誰でも身構えてしまうものですが、それが逆に痛みを増す原因にもなっているということです。

 

 

これは体と脳の自然な反応とも言えるため、自分でコントロールするのは難しいかもしれません。一番良いのは痛くないと自己暗示をかけることで、気持ちを落ち着けるだけでも痛みが和らぐことがあります。

 

 

クリニックでもサロンでも痛いと伝えれば、出力を調整してもらうことはできます。ずっと痛みが続くわけではないと気をラクに持つことも、痛みを軽減するコツの一つです。

 

 

もちろん実際に高出力のレーザーや光を照射しているので、全く痛みをなくすことはできません。しかし気持ちを少し切り替えるだけで、必要以上の痛みを感じることはなくなるはずです。

 

 

脱毛であまり痛みを感じないと言っている人でも、施術中に多少は痛いと思っていることが多いそうです。

 

脱毛が人によって痛いと感じる人と痛くない人がいるのは何故?

 

ただ一瞬なのですぐ忘れるという人も多く、気持ち次第で我慢できる痛みに変えられるというのはあながち間違いでもなさそうです。とはいえ体質的に痛みを感じやすい人も実際にいるので、気持ちだけではどうにもならないこともあります。

 

 

単に脱毛は痛い、痛くないというだけで施術の条件が異なる場合の痛みの感じ方の違いは、受けた脱毛方法の違いによるものです。

 

 

医療レーザー脱毛は一般的にどんな人も痛みを感じると言われますし、脱毛サロンは痛みが少ないという人が多いでしょう。また最新の機械なのか、古い機械なのかによっても脱毛時の痛みは大きく違ってきます。

 

 

新しい機械は低出力でも脱毛効果が高く、医療レーザーであっても我慢できるという人は少なくありません。さらに痛くないと言われる機械でも、施術する人の技術によっては痛みを感じることがあります。

 

 

クリニックでは医療従事者、サロンでも研修を受けたスタッフや有資格者が施術してくれますが、技術レベルは一定ではありません。

 

 

たまたま経験が浅い人にあたってしまって、脱毛は痛いというイメージを持ってしまった人もいるでしょう。普段は痛くないのに今日は痛みを感じるなど、日よって感じ方が違う人もいますがそれにも理由があります。

 

 

肌が乾燥していると痛みは強くなりますし、生理の前後や生理中の肌はいつもより敏感です。あまり関係なさそうに思えますが、寝不足やストレスでも肌の調子は変わるので脱毛時の痛みにも影響することがあります。

 

 

機械や施術者、脱毛する部位だけでなく、施術を受ける人によっても痛さの度合いは変わるということです。痛みに弱いと思っているのであれば、自分でできる痛みを軽減するための対策も万全にしておいた方が良いでしょう。

 

 

脱毛の痛みを感じる人と感じない人の差には、色々な理由が考えられます。痛くない脱毛のために自分でできることもあるので、色々と試してみましょう。